he, she を教える(1) 「彼は」「彼女は」

英語を教えていて,he や she を「彼は」「彼女は」とよく訳しますが,疑問に思うことがあります。
本来,日本語ではそんな言い方はしたであろうか?

古語辞典を引くと

かれ【彼】
①遠称の指示代名詞。あれ。あのもの。
②他称の人代名詞。(男性にも女性にも使って)あの人。


とあります。「彼女」と言う言葉を古典で見た記憶がありません。

日本国語大辞典で「彼女」を見てみましょう。

か‐の‐じょ【彼女】
[ 1 ] 〘 代名詞詞 〙
① 他称。
(イ) 話し手、相手以外の女性をさし示す語。
[初出の実例]「俗にいふお転婆なれども、彼女(カノジョ)は活溌だ、などといって、書生連によろこばるる小娘なり」
(出典:当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二)
(ロ) ( 外国語の女性名詞の影響で ) 船などを女性に見たてていう。
[初出の実例]「彼女はおとなしく、静に進んだ。〈略〉船は大うねりに乗って、心持よく泳いで行く」(出典:海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉九)
② 対称。俗に、男性が相手の若い女性をさして呼ぶ語。
[ 2 ] 〘 名詞 〙 恋人である相手の女性。〔ウルトラモダン辞典(1931)〕


今回話題にしているのは代名詞の①の(イ)。
なんと初出として坪内逍遥の文章が載っている。

坪内逍遥.jpg

ということは明治時代に生まれた言葉のようです。

またこの言葉の「語誌」としてこんなことが書いてあります。

( 1 )日本では古くから三人称は「かれ」で、男女両性を指していたが、西欧語に接して、男女の区別が必要となり、西欧語の三人称女性代名詞の訳語として生まれた
( 2 )明治九年(一八七六)の「改正画引小学読本」に「彼女 カノジョ ムカウニヰルムスメ」とあるが、「じょ(女)」が独立して使われている時期なので、まだ一語とは認めにくく、「カノ+オンナ」と同じ意識で、ただし新しさを込めようとして「カノ+ジョ」と表現したものと思われる。一語の代名詞としての「かのじょ」が、広く一般に普及したのは大正以降である


やはり,明治時代に西洋語の訳として男女の区別が必要になり,「彼女」が生まれ,大正時代に普及したということです。

青空文庫で夏目漱石の文章を見てみましょう。

夏目漱石(小).jpg

「三四郎」(1908年新聞掲載)明治41年
 与次郎はしばらく三四郎を見ていた。
「そういうこともある。しかしよくわかったとして、君、あの女の夫(ハスバンド)になれるか」
 三四郎はいまだかつてこの問題を考えたことがなかった。美禰子に愛せられるという事実そのものが、彼女(かのおんな)の夫(ハスバンド)たる唯一の資格のような気がしていた。言われてみると、なるほど疑問である。三四郎は首を傾けた。


「彼女」と書いて「かのおんな」と読ませています。
他にも「女」や「初対面の女」のような表現を使っています。

「三四郎」の続編ともいえる「それから」。翌年,朝日新聞に掲載。

「それから」(1909年掲載)明治42年
この落魄のうちに、は三千代を引張り廻さなければならなかった。三千代は精神的に云って、既に平岡の所有ではなかった。代助は死に至るまで彼女(かのおんな)に対して責任を負う積りであった。


こちらも「彼女」と書いて「かのおんな」と読ませています。


次に「行人」を見てみましょう。この作品は明治から大正にかけて執筆されました。
あまり内容は覚えていないけど,大学時代に読みました。

「行人」(1912~1913年掲載)明治45年~大正2年
三沢はすべてこういう内幕の出所をみんなの看護婦に帰して、ことごとく彼女から聞いたように説明した。けれども自分は少しそこに疑わしい点を認めないでもなかった。


看護婦のことを「彼女」と言っているようです。
ルビがないので「かのじょ」と読んだのでしょうか。
となると,このころに「彼女」は新聞小説に現れ,定着していったのではないでしょうか。


ちなみに,京都産業大学によると,東アジアの言語には男女を区別する言葉はなかったようで,中国語や韓国語でも「彼女」を表す漢字(她)ができたり,言葉(クニョ)ができたそうです。

また,同じヨーロッパの言語でもフィンランド語やハンガリー語では「彼」と「彼女」の区別がないそうです。

全然関係ないけど,「彼氏」は徳川夢声が昭和4年に作った造語だとか。


つづく







この記事へのコメント

2024年05月23日 06:33
おはようございます。

 『つづく』なのですね。では、本文に関わるコメントは避けておきますが、ひとつだけ、、、
 「彼(かれ)」は、本来は「か+れ」で、いずれも古語です。でも、「れ」は中国語にも同じ意味の「連(レン)」があるので、外来語かもしれないのですけど…

 関連しますけど、本文テーマとは関係ない事で、、、
 明け方の薄暮時を「かわたれ」あるいは「かわたれどき」と言いますね。これは「彼は誰」でして、薄暮時でちょっと離れた所に入る人が誰なのか判別しにくい、と言う様子を一語にして表したものです。この時の「か(彼)」は三人称の指示名詞と言うよりも「かの方」、「あっち、向こうの方角(に居る人)」の意味でした。
 ちなみに、夕暮れ時の薄暮は「たそがれ(誰そ彼)」ですね。
 以上は高校生の時に古文の先生が話してくれた、授業には関係ないよ四方山話でした。
2024年05月24日 05:56
あきあかねさん
おはようございます。
今回は3連続のシリーズで書こうかなと思います。ですから今回はまだ序論で核心には触れていません。「誰そ彼」も書こうと思いましたがやめました。ただ漱石の引用は表層的で本当はもっと調べてみないといけないところではあります。西洋語の翻訳から「彼」「彼女」に分かれていった日本語ですが,あくまでも書きたいことは he や she を教えるということで,最近は以前とは様子が違ってきています。考えすぎですよと言われるかもしれませんが・・・。